酒蔵見学の手引き

  • TOP
  • 酒蔵見学の手引き

酒蔵見学の手引き

養老酒造の酒蔵見学は、1月~2月上旬がおすすめ!
ご来場の際は、事前にご予約頂き、ゆっくり時間を取ってお越し下さい。試飲は、併設カフェ酒蔵櫂にて、季節を問わずお楽しみ頂けます。

養老酒造の酒蔵には、大きな機械やコンピューターやデジタル表示のされる装置などは、一切ありません。昔ながらの酒造りをそのままに、養老酒造にとって自然なかたちでの、仕込みをつづけております。足下から天井まで、大きな蔵では、けしてみる事の出来ない光景、温度、蔵のにおい、仕込み水の旨味、そしてもちろん、酒の味を体感しにお越しください。 

仕込み期間は12月から3月上旬までですが、酒蔵見学には、1月から2月中旬がおすすめです。しぼりの日は、お酒の育ちに沿って決定しますので事前のお知らせは出来ません。いつ酒ができるかは、神のみぞ知る。 

養老酒造の酒蔵見学は、季節と時間を選びます。それは米や水、麹の状態、温度、時間配分、それを全てベストな状態にととのえる職人の段取り、よい酒を造るための最善を常に考えているからです。時にお客様には、ご覧いただけない状態、ご都合にあわせることができないこともございますが、お許しください。仕込み中の酒蔵見学にはお気に入りの香水と朝食の納豆は、ご辛抱頂いております。神経質な空間につき、ご理解下さい。 

酒のしぼりを絶対的な確率で見ることができるのは、2月の第二日曜日に開催の「蔵開き」。お呑み逃しなく! 

酒蔵見学の手引き

ご予約・お問い合わせ

酒蔵ごはん&カフェ酒蔵櫂へのご予約
養老酒造見学のお問い合わせはこちら

Tel.0553-22-4047

酒蔵見学の手引きはこちら